残照寫眞


寫眞作品集を販売しています。

ご購入の詳細は作品集販売のページをご覧ください。


「まぼろしだとしても」

撮影:残照

A5サイズ 48ページ

発売日:2017年3月13日

定価:2500円(受注制作)

 

 

せかいがまぼろしだとしても、たしかに生きている。あなたも私も、明日のすきまにそれぞれのしあわせを願って暮らしている。

 

・・・・・私たちが作り上げた共同幻想に支配されている、主体が無いから革命も起きようがないこの國で、それでも私たちは生きている。いろいろな人がいてみんな暮らしているのだというところから何が見えてくるのかを撮りたい、撮れるだろうかと思う、7年目です。


「加藤みきお "ASAKO"」

撮影:残照

A5サイズ 48ページ

発売日:2017年3月13日

定価:1500円(受注制作)

 

 

2010年の春に三重県鈴鹿の大道芸人・加藤みきおさん(2017年現在、芸歴28年。東海・中部地方でいちばん最初に始めた大道芸人)を公演後の楽屋で撮らせていただいた寫眞を、7年越しでようやく編みました。


「フラクタル」

モデル:aco

撮影:残照

A5サイズ 48ページ

発売日:2016年5月25日

定価:2500円(受注制作)

 

 

確かなものを求めて私たちは黒は黒だ白でも黒だと倣わされて見失った。あなたと私がわかりあえないからこそ生きることには色気がある。日本砂漠のフラクタル。

「眠る」

モデル:あたしよしこ、eerie

撮影:残照

A5サイズ 48ページ

発売日:2016年1月17日

定価:2500円(受注制作)

 

 

箱庭、円環、子宮、初潮、そして水と土に還る眠り。

制作期間3年半。311以降の第3作。